「パワーマックスチャレンジ」に挑戦しました!

公開日:2020年09月16日

皆さん、こんにちは! トレーニングルームの近藤です。


厚別公園トレーニングルームは様々な感染症対策を実施しながら、一般開放しております。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

厚別公園トレーニングルームの感染症対策


さて9月15日(火曜日)から「パワーマックスチャレンジ」が始まりました!イベントの詳細は下記のリンクをご覧ください。


「パワーマックスチャレンジ」開催します!


開催にあたり、私も「パワーマックスチャレンジ」に挑戦してみました!

パワーマックスチャレンジの様子

「パワーマックスチャレンジ」では、3種類のテストのうち「無酸素パワーテスト」で、自身が発揮したパワーを測定します。


「無酸素パワーテスト」は10秒間の全力ペダリングを3セット、セット間休憩は2分といった構成です。10秒間のペダル回転数に合わせて、ペダルの負荷がセット毎に上がっていきます。


テストの様子は下記の動画をご覧ください!




パソコンでご覧の方は全画面表示でご覧ください。

運動時間はそれほど長くないですが常に全力でペダルを漕ぐので、予想以上にキツいです。特に太ももがかなり疲労します。


テスト結果は下記のようになりました。

無酸素パワーテストのテスト結果画面の写真

最大無酸素パワーは陸上の短距離や走高跳、競泳の短距離種目などのパフォーマンスと相関関係があり、前述のスポーツも含めパワーが重要と考えられるスポーツのパワー評価に有用です。


(パワー/体重)値は最大無酸素パワーを体重で割った数値で、体重差がある個人を比較する場合はこちらの数値を用います。「パワーマックスチャレンジ」も(パワー/体重)値を比較して、1位を目指すというイベントとなっております。


ハイパワートレーニング値ミドルパワートレーニング値は、それぞれハイパワートレーニングとミドルパワートレーニングで最初に入力する負荷値を表しています。この場合、ハイパワートレーニングを行なうときは10.8kp、ミドルパワートレーニングを行なうときは6.5kpと数値を入力することで、それぞれの至適負荷でトレーニングを行なうことができます。


このようにテストを行うと自身の発揮したパワーだけでなく、パワーを高めるためのトレーニング数値(負荷)も算出してくれます。


参加していただいた方には景品と、各スポーツに合わせたパワーマックス活用チャートをお渡ししています! 是非、興味のある方はご参加ください!