やる気を取り戻すための考え方

公開日:2020年06月20日

皆さん、こんにちは! トレーナーの近藤です。

6月16日(火曜日)からトレーニングルーム及び屋内走路の一般開放が始まりました。詳細は下記のリンクをご覧ください。

トレーニングルーム・屋内走路の一般開放再開について

トレーニングルームを利用するまでの新しい手順

屋内走路を利用するまでの新しい手順

さて、長い自粛期間が終わり、ようやく屋外やジムで思い切りトレーニングできる環境が整ってきたと思います。ただ「長期間身体を動かさなかったので、どうしてもやる気が出ない」という方も、いらっしゃると思います。

今回は「やる気を取り戻すための考え方」をご紹介します。

やる気とは?


「やる気」とは、進んで物事を成し遂げようとする気持ちです。常にやる気の高い状態を維持できれば良いですが、我々も人間なのでそう簡単にはやる気を維持することができません。

晴れの日に外で運動するのはやる気も高まりますが、雨の日に外で運動しなければならないとなったとき、やる気を出すのは難しいと思います。やる気は、わずかな環境の変化で簡単に変わってしまうものなのです。

雨の写真

やる気を高めるときの禁忌


「どうしてもやる気が出ない」と「自分はなんて意志の弱い人間なんだろう」と自分を責めてしまうことがあると思います。これがやる気を高めるときに、一番やってはいけないことです。ますますやる気を無くしてしまい、自信を失ってしまうこともあります。

また、意識的に「やる気」を出そうと思っても身体が疲労している時に、気持ちを前向きに持っていくことは至難の業です。

気分が落ち込んでいる人の写真

どうすれば良いか


自分のやる気を奪ってしまう原因は様々あると思います。仕事が忙しくて疲れている、PCやスマートフォンを見る時間が長くなっている、コロナ太りを気にしすぎて栄養が摂れていないなどなど。これらは「今の自分の状態」を下げてしまい、自信を低下させてしまう要素になります。

こういった原因に対して、自分の意志ではなく身の回りをコントロールしてみましょう。「気分の上がるウェアを着る」「好きな音楽を聴く」「晴れの日に散歩をしてみる」「良い姿勢を意識してみる」「栄養バランスを意識して食事をする」等、できることから始めてみてください。小さなことでも「自分にはできる」と思えるような環境を整えることで、少しずつやる気を取り戻していくことができるはずです。

やる気に満ち溢れている人の写真

まとめ


自分の意志でやる気をコントロールすることは難しいと考えましょう。

その上で、自分の意志ではなく身の回りをコントロールしてあげることで、少しずつやる気を取り戻していくことができます。