トレーニングルーム 設備紹介2 「EURO28mm オリンピックウエイトリフティングバー」

公開日:2020年08月17日

こんにちは! トレーニングルームの近藤です。

厚別公園トレーニングルームは様々な感染症対策を実施しながら、一般開放しております。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

厚別公園トレーニングルームの感染症対策


前回のブログから、厚別公園トレーニングルームにある器具やマシンの特徴を1つずつ紹介しております。

トレーニングルーム 設備紹介1 「オハイオパワーバー」


今回紹介するのは「EURO28mm オリンピックウエイトリフティングバー」です!


EURO28㎜ オリンピックウエイトリフティングバー

EURO28mm オリンピックウエイトリフティングバーの写真

EURO28㎜ オリンピックウエイトリフティングバーは北米最大のフリーウエイト器具メーカー「ROGUE FITNESS」のウエイトリフティング用バーベルです。(ウエイトリフティングとは床から頭まで一気にバーベルを持ち上げるスナッチと、床にあるバーベルを持ち上げ肩に乗せず上に押し上げるクリーン&ジャークの2種目の合計重量を競うスポーツ)


シャフト表面(握る部分)にはセラミックコーティングが施されており、一般的なバーベルと比較して摩擦力が強いため、握ったときに滑りづらく手に馴染む感覚があります。セラミックコーティングが施されたバーベルは比較的新しいものですが、近年世界的に人気を博しており、まさに”最新鋭のバーベル”と言えます。


また、バーが良くしなるため高重量のデッドリフトやベンチプレス等には向いておりませんが、スナッチやクリーン&ジャーク等の素早く爆発的にバーベルを挙上する種目には、最適のバーベルです。


厚別公園トレーニングルームでは、ウェイトリフティング用のプラットフォームに「EURO28㎜ オリンピックウエイトリフティングバー」を配置しております。


プラットフォームにあるEURO28㎜ オリンピックウエイトリフティングバーの写真


最新鋭のバーベルを是非、厚別公園トレーニングルームで体感してみましょう!