レジスタンスバンドを使ってトレーニングしましょう!

公開日:2020年09月17日

こんにちは! トレーニングルームの近藤です。

厚別公園トレーニングルームは様々な感染症対策を実施しながら、一般開放しております。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

厚別公園トレーニングルームの感染症対策


さて今回は、「レジスタンスバンド」を使ったトレーニングをご紹介します!


バンドレジスタンス・トレーニング


「バンドレジスタンス・トレーニング」は、レジスタンスバンドをバーベルとセーフティバーや支柱にかけて行うトレーニングです。

バンドレジスタンス・トレーニングの写真

ベンチプレスやスクワットなどのトレーニングは、ボトムからバーベルを上げるときに腕や脚の筋肉で上向きの力を加えますが、バーベルを挙げ切る手前で無意識に減速をさせて、バーベルの動きをコントロールしています。


「バンドレジスタンス・トレーニング」では、バーを挙げるにつれてバンドが伸び抵抗が増えるので、動作前半では負荷が軽く、後半では負荷が重くなるという特徴があります。したがって動作終盤までバーベルを加速させ続けることができます。


下記の動画は「バンドレジスタンス・トレーニング」の代表例です。




※パソコンでご覧の方は全画面表示でご覧ください。


バンドアシスト・トレーニング


「バンドアシスト・トレーニング」は、バーベルとラックの上部にレジスタンスバンドをかけて行うトレーニングです。

バンドアシスト・トレーニングの写真

主にスクワットで用いることができます。トップからボトムへしゃがむとレジスタンスバンドが引っ張られ、バーの重さを軽減してくれます。そのため「バンドレジスタンス・トレーニング」同様、ボトムで軽くトップで重いという特徴があります。


また、重さを軽減してくれるので、自分が持ち上げられる最大の重量(1RM)よりも重たい重さでトレーニングすることができます。高重量への恐怖心を無くしたいときに便利なトレーニングです。


下記の動画は「バンドアシスト・トレーニング」の代表例です。



※パソコンでご覧の方は全画面表示でご覧ください。


ハンギングバンド・トレーニング


「ハンギングバンド・トレーニング」はプレートの穴にバンドを通して、そのバンドをバーベルにかけて行うトレーニングです。

ハンギングバンド・トレーニングの写真

バーベルからプレートが吊り下がった状態でトレーニングを行なうので、バーベルが上下前後左右とあらゆる方向に振られます。


もちろんプレートが最大限揺れた状態でバーを上げたり下ろしたりすることは難しいので、プレートの揺れを最小限にするよう様々な筋肉(スタビライザー)が働きます。フォームの安定化はもちろん、ベンチプレスで肩が痛くなる方にオススメのトレーニング方法です。


下記の動画は「ハンギングバンド・トレーニング」の代表例です。



※パソコンでご覧の方は全画面表示でご覧ください。


何気ないゴムバンドも使い方を工夫すれば、様々なトレーニングを生み出すことができます。これらレジスタンスバンドを使ったトレーニングを体験してみたい方は是非、厚別公園トレーニングルームにお越しください!